地域活性委員会


REVITALIZATION

2020年度委員会事業計画書

委員会名:地域活性委員会

担当副理事長   宮澤 重嗣
委 員 長     黒金 泰寛
副委員長     江花  脩
委  員     國井 辰典
委  員     遠藤 孝行

スローガン

喜色満面
~聞いて、見て、体験して楽しい地域を私達が作ろう!~

現状分析

人口減少が進み、地域づくりの担い手が不足しています。磐梯高原エリアの人口も2010年から5年かけて、6.9%減少しています。地域の持続的な発展のためには、磐梯高原エリアを越えて、このまちに関心を寄せる関係人口の増加が必要です。したがって実現したい磐梯高原エリアのビジョンを共有し、コトが興せる土壌を耕し、自ら関わりたくなるような地域の活性化を図ることが必要です。

目指すべき状態

■地域の明るい豊かなビジョンを共有できている状態
■コトを興せる土壌ができている状態

事業の概要

■地域の明るい豊かなビジョンを共有できる事業の実施
共通の問題を理解し、地域の明るい豊かなビジョンを共有できる場を提供します。
■コトを興せる土壌を耕す事業の実施
自ら関わりたくなるような地域の実現を目指します。

SDGs

4.質の高い教育をみんなに
11.住み続けられるまちづくりを
17.パートナーシップで目標を達成しよう

事業手法

■地域の明るい豊かなビジョンを共有できる事業の実施
[事業実施目標数]「地域活性化」をテーマとした勉強会を1回開催します。
地域の持続的な発展の為、地域活性化をテーマとした勉強会をすることで、地域の明るい豊かなビジョンを共有します。
■コトを興せる土壌を耕す事業の実施
[事業実施目標数]コトを興せる土壌を耕す事業を1回開催します。
自ら関わりたくなるような地域を実現するため、地域に旋風を巻き起こす事業を実施することで、コトを興せる土壌を育み、関係人口の増加に寄与します。

パートナー

猪苗代町商工会青年部、NPO法人猪苗代研究所、磐梯高原エリアに関わるステークホルダー